北海道の空と大地

ネットワーク/情報システム

> HOME > ネットワーク/情報システム > セキュリティ セキュリティゲートウエイ

セキュリティ

セキュリティゲートウエイ

図解 セキュリティゲートウエイ

仕組み

インターネットとLANの接点に設置します。
(既にファイアウオール専用機を設置している場合でも、トランスペアレントモードにより透過させることが可能なため、二重投資にはなりません。)
ASICによるハードウエア処理を行っている機器ではパフォーマンスに優れ、ボトルネックにはなりません。

メリット

1台で複数機能を実装、アンチウイルス、ファイアウォール、VPN、NIDS、コンテンツフィルタリングなどの複数機能をカバーします。

セキュリティ管理を1台で行う事が可能なためシステム管理者の負担を大幅に軽減します。

■ セキュリティレベルのベースラインを向上
  1. クライアント用アンチウイルスソフトに依存しないウイルス対策を実現します
  2. 悪質な「アドウェア」や「スパイウェア」の進入もブロックします
  3. 万が一社内にウイルスが蔓延しても社外に出しません(加害者にならない)
  4. NIDSにより、webサーバなどのInternet公開サーバに対する不正アクセスを検知する事が可能です
  5. webフィルタリングの実装によりプロキシサーバの管理コストを削減、 社員の許可されないWebへのアクセスを抑止します。

適用例

インターネット接続に関する統合的なセキュリティ管理(アンチウイルス対策、Webフィルタリングによる対策、 ファイアウオール、NIDS)に対して管理費用の削減に大きく貢献します。
 (例)学生のWebアクセス管理・・文教機関など

ホームへ
All rights reserved,Copyright(C) 北第百通信電気株式会社